ブログ

2019年1月15日
#メディア掲載

キャッシュレス化で市民の利便性をもっと!窓口支払いにQRコード決済を全国で初めて導入します。

窓口で小銭が不用に

市役所の窓口において、住民票や印鑑証明の発行などで必要となる手数料支払い

この度、四條畷市では、全国初となるQRコード決済によるキャッシュレス化を実現しました!

さっそく、新聞記事にて取り上げられています。

大阪府四條畷市が全国初の手数料QRコード決済開始へ
https://www.sankei.com/west/news/190115/wst1901150007-n1.html

「小銭で支払うより、ピッてできた方が、市民にとって便利になると思うんです!」

ある懇親会の場での、市民課長の熱い訴えから始まった今回の取組み。

なにぶん前例がないため、私も自ら総務省に伺い、実装に向けての議論を行ったうえで、本日からスタートいたしました。

今後は、窓口で支払いで必要だった小銭が不要になります。

 

公民連携により税支出はゼロ

また、本取組みについては、公民連携事業の一環として事業者の公募を実施。

そして、応募のあったNIPPON Tablet株式会社様の協力を得て行っているため、タブレット端末等の公費負担は発生していないのも特徴です。

まだサービスを開始したばかりなので、いまはAmazon Payのみの対応ですが、今後はd払いなど、決済手段を順次拡大していく予定です。

引き続き、四條畷市は市民皆さまにとって利便性の高い市役所をめざしてまいります!

利用イメージはこちらの動画から。

ブログ一覧へ戻る

四條畷市政に関するご意見は四條畷市ホームページ内

市長への意見箱まで
通信に失敗しました。少し時間を置いてから再度お試しください。